名古屋港潮見埠頭にある激渋食堂「てんぷら屋」さん。大型トレーラーを路駐した屈強な男たちが大盛飯を喰らいサッと出ていく…「旨い」「安い」そして「早い」元祖大衆食堂。

てんぷら屋大衆食堂

てんぷら屋|名古屋市港区

「何も足さない 何も引かない」
30年くらい前だったと思います。ブラウン管には「何も足さない、何も引かない」という印象的なキャッチのCMが流れていました。その当時つき合っていた彼女は、ユーミンの「埠頭を渡る風」をカラオケでよく歌っていました。埠頭に来たからか当時のことをふと思い出しました。今日お邪魔したのは、いにしえの昔から凛と建ち、時代の変化に一喜一憂する人間たちを黙って見ている「樹齢千年の大木たいぼく」のようなお店です。サントリー山崎のCM風なキャッチを付けるならば「何も変わらない、何もぶれない」大衆食堂「てんぷら屋」さん。
行ってみよっ

てんぷら屋外観
「こ・ここで良いの?」
…誰もが迷います…
(ファミリーマート港潮見店のすぐ南、225号線沿いにお店はあります)
てんぷら屋玄関
看板も暖簾も出ていないので木造平屋の民家にしか見えません…

(以前は「てんぷら屋」という看板があったようですが「埠頭を渡る風」に飛ばされたそうです…💦)

てんぷら屋内観
内装は確かに食堂…4人掛けのテーブル席5席、歴史を語る店内は綺麗に清掃されています。
てんぷら屋内観2
昼時は港の労働者たちで超満員に…
てんぷら屋内観3
年配のご夫婦が仲良く経営されています。ご主人の怪我で一時休業され、復帰を望むファンが大勢居ました。無理なさらず末永くお店を続けて頂きたいです。
てんぷら屋内観4

はじめての「てんぷら屋」さん。

ガラスケースからお好きなおかずを選びます。

御飯のサイズ「大」「中」「小」「茶碗・・」を決めましょう。(熱々を装ってくれます)

味噌汁「赤出汁あかだし」か「白出汁しろだし」か決めましょう。

味噌汁のサイズ「大(丼)」か「普通(お椀)」 か決めましょう。(熱々を装ってくれます)

着席

てんぷら屋ガラスケース
揚げ物、焼魚、きんぴらごぼう…どれも旨そう
こちらは、冷奴、サラダ、納豆、漬物など要冷蔵のもの。
てんぷら屋ガラスケース2
ドライバーさんの栄養素
てんぷら屋ガラスケース3
緑色のおかずが目立ちます。ドライバーさんたちの健康を考えてのこと…優しい。
てんぷら屋赤出汁
赤出汁(大)
てんぷら屋玉葱スライスとほうれん草のおひたし
玉葱スライスとほうれん草のおひたし
てんぷら屋サバの味噌煮
鯖の味噌煮
てんぷら屋秋刀魚
秋刀魚も絶妙な焼き加減

食後、器をカウンターへ持っていくと、お母さんが勘定をしてくれます。

客層は、埠頭のヤードを行き来する大型ドライバーの方や港で働かれている方が大半です。皆さん、店前の道路へ路駐しサッと来てサッと食べてサッと出ていかれます。屈強な男たちが腹いっぱい食べても千円を超えることはまず無いとか…「大衆食堂」の真髄である「安い」「旨い」「早い」が凝縮されたお店です。お店のビジュアルに圧倒されましたが、味も本当に美味しかった。
「てんぷら屋」さん。
ごちそうさまでした

てんぷら屋外観3

お店情報

てんぷら屋

名古屋市港区船見町42 地図
電話:052-612-0510
営業時間:7:30-14:00
定休日:土日祝

経路

お車で

名港潮見IC
伊勢湾岸道 名港潮見 IC
↓ 225号線北上
「てんぷら屋」
看板も暖簾も出ていないので「ファミリーマート港潮見店」でナビ設定されると宜しいかと。

市バスで

船見寮前バス停
船見寮前バス停を下りるとすぐの場所です。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました